専業主婦でも借りれるキャッシング

専業主婦でも借りれるキャッシング

専業主婦がキャッシングの申込みをする場合、「借りれるかどうか?」という点が気になると思います。

 

家計のやりくりをしている中でキャッシングを利用したら便利、という理由で申込みをしている人が多く、利用限度額は少なめでも構わないという人がほとんどです。

 

ここでは、高額なキャッシングは不可能でも、できるでき確実に審査に通るための方法について紹介します。

 

 

■専業主婦に最も厳しいのは?

 

キャッシングのサービスを提供している会社には、いくつかの種類がありますが、専業主婦に対して最も厳しいのは「消費者金融」です。

 

信販会社やクレジット会社が提供するキャッシングもあり、同様に専業主婦に対して厳しい対応をしますが、その理由は「総量規制」という国からの規制があるからです。

 

総量規制は、キャッシングの総額が年収の3分の1を超えてはならない、というものなので、専業主婦に対して融資をすることができないのです。

 

そのため、専業主婦がキャッシングの申込みをするときは、消費者金融や信販会社・クレジット会社を避けなければいけないのです。

 

 

■専業主婦でも借りれるキャッシングとは?

 

専業主婦でも借りるキャッシングは、「バンクイック」や「イオン銀行カードローン」などのような銀行カードローンです。

 

銀行カードローンのすべてが専業主婦に融資するわけではありませんが、独自の基準で融資を認めている場合があります。

 

イオン銀行カードローンの場合は、書類が郵送されたりするなど、専業主婦には使いにくい手続きになっていますので、三菱東京UFJ銀行のバンクイックに申し込むことをおすすめします。

 

 

■旦那にばれないようにするには?

 

バンクイックに申し込んだことが旦那にばれてしまうのが困る、というのなら、申込み後のカード発行は、テレビ窓口で受けるようにしてください。

 

テレビ窓口は、バンクイックの自動契約機のことで、全国の三菱東京UFJ銀行や駅構内などに設置されています。

 

テレビ窓口に入ることに抵抗を感じるかもしれませんが、カード発行は数分で済みますし、プライバシー面の対策もされてますので、安心して利用できます。

接待の急な出費はレイクが便利です

接待は、どんな職業でもつきものの困った出費ですよね。
人によっては月に何度も接待があることもあると思います。
こういうものは、結構いきなり入ってきてしまう予定なので、
急な出費となり、手持ちがなくて慌てることもよくあります。
ですから、こんなときのために前もってカードローンやキャッシングのカードを作っておくと安心です。
新生銀行グループのレイクがおススメなのですが、
ここはやはり大手ですし、銀行系ということで低金利なのです。
4.5%から18%と、借入額に応じて金利が設定されています。
最大で500万円まで融資が可能ですが、さすがに接待でそこまで必要なことはありませんね。
また、最大のおススメポイントは、無利息期間が設けられているということです。
初めての借り入れなら30日間は無利息なので、
会社から経費が戻ってきてから全額返済すると金利を取られずに済みます。
こういう仕事上の急な出費に柔軟に対応した金融会社といえますね。
銀行カードローン比較ガイド【※2014年度版の即日融資情報はココ】

北九州銀行カードローンの多目的ローンでお金を借りる

北九州銀行のカードローン商品で、「多目的ローン」というのをご存知ですか?
海外旅行の費用やブライダル費用、大物家電の購入費用など様々な目的に利用できる便利な商品です。
借入れの限度額は10万円以上500万円以内となっています。

 

金利は固定金利で年5.2%〜6.4%、変動金利で年4.7%〜5.9%とかなり低い金利設定となっていて、自分でどちらかを選択することができます。
変動金利を選んだ場合は年2回見直しが行なわれ、市場の金利に合わせて金利も上下しますので注意が必要です。

 

借入れできる条件は、満20歳以上65歳以下の方で安定収入のある方が対象となっている他に、使いみちが確認できる書類(見積書や注文書など)が必要です。
何にでも申請することなく自由に利用できるフリーローンとは若干違いますが、条件が少し厳しい分かなりお得に借入れができます。

 

また、借り換えローンとしても利用できますので、高い金利で借入れをしている場合は、多目的ローンの低金利で借り換えができれば、かなり支払いも楽になるのではないでしょうか。
幅広い使いみちに利用できて低金利の多目的ローンは、使用目的が決まっている方でしたら足りない分を借入れするのに大変適しているのではないでしょうか。
是非一度申し込みをしてみてはいかがですか。
借入れをする際には、自分にとってどこのカードローンが適しているかをよく見極めることが大切です。

更新履歴