専業主婦でも借りれるキャッシング

キャッシングと保証人

キャッシング時には借入金額によって保証人を要求される場合があります。 保証人以外では不動産などの担保を要求することもあります。 そして保証人を要求される場合は、大半が連帯保証人となっています。 連帯保証人になると借主からの請求にたいして一切の抗弁が出来ません、 連帯保証人になるということは、その人がする借金を自分もするということに 他ならないのです。 ですから、簡単に連帯保証人になるようなことは避けましょう。 また、他人に連帯保証人をお願いする場合でも簡単には引き受けてくれないことを 理解する必要がありますし、このような責任が発生することを しっかりと説明する必要があります。 安易に連帯保証人になってしまい、他人の借金を肩代わりすることから 多重債務に陥る可能性もあります。 また、友人に連帯保証人になってもらったものの 返済が困難となり迷惑を掛けてしまい友人関係が損なわれるなど 人間関係に影響を与えることも珍しくありません。 このように保証人とは、その借入を保証するだけではなく 肩代わりを行うという認識が必要になるのです。 単純な保証人なら問題ないと考えている方もいるかと思いますが、 後悔してからでは遅いということを理解してください。